本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「異」の部屋です





供養塔のある学校


           ■■■H・Iさん(男性)からの投稿■■■



   私の家の近くの中学校F中学の不思議な話を書いておきます。
   世間によくあるようなやつですが、うちの兄の知り合いのお兄ちゃんから
   中学校に入学する前、初めて聞かされたとき大変怖かったです。

   1、夜中、運動場の真中は雨が降っても濡れない。
   2、夜遅く便所で用を足していると、赤ちゃんの鳴き声が聞こえてくる。
   3、赤ちゃんの声がする時、便所の流す水が紫色になっている。
   4、校門脇の銅像が、夜ごそごそ動きだす。

   私が覚えているのはこれくらいです。
   聞いたときは7つか、もっとあったように思います。

   なぜこんな噂があるかというと、この中学校があったあたりは戦時中に
   空襲の被害がひどく、昔学校の敷地を防空壕として使っていたそうです。



       
事実、学校内のいたるところに供養塔が立っています。



   私がこのような7不思議を聞いて入学したあと、在学中にいろいろな話を
   先生などから聞いています。

   学校の敷地の北側に、理科室や音楽室など特別教室だけの校舎がありますが、
   人気がないので一日中陰気で、音楽の準備室で夜遅くまで仕事をしていた
   先生の恐怖体験とか、いろいろ語り継がれています。

   なお、私の友人のおじいさんの話だと、戦時中この校舎の入り口に爆弾が
   落ち、そこに水がたまって、すり鉢状の小さな池ができていたそうです。
   見かけはそれほど大きくないので、小さい子がよくそこで遊び、溺れて亡く
   なったそうです。

   また、この学校には保健室と図書館が普通教室とは別棟になっており、
   ここもおかしな話がいろいろ伝わっています。
   比較的新しく、また近代的な建物ですが、なぜか寒々しい場所です。

   建設するときに多数の戦死した人の骨が出てきたとか……。
   とにかく、この学校のある地域は幽霊話をよく聞きます。

   新耳袋という怪談本で紹介されたO芸術大学付属専門学校も、この学校の
   近所です。
   ちなみにこのF中学の隣に府立高校がありますが、こちらは今は新築校舎
   ですが、昔の板張り廊下の校舎の時は、怖い話がわんさかありました。
                                (ij307)






本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語