本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「異」の部屋です





真っ黒のネガ


          ■■■J.Mさん(男性)からの投稿■■■



   小学生の頃まで、毎年お盆の時期は家族で祖母の墓参りに行ってました。
   当時、わたしは心霊写真に興味があり、自分でもそんな写真が撮れたらなあ、
   と思っていました。

   その年のお盆、例年通りに家族で何枚か写真を撮ったあと、わたしは
   ひとりで祖母の墓にレンズを向け、「おばあちゃん、お願いだから写ってね」
   と念じながらシャッターをきりました。

   さて、それからというものは後悔の連続で、とくに夜になると怖くて怖くて
   わたしは祖母に「頼むから写真に出てこないで」と布団の中で手を合わす
   毎日でした。

   そして数日後、父ができあがった写真を持ってきました。
   その時の気持ちを今でも覚えてます。

   わたしは一枚一枚写真をめくっていきました。
   墓の前に敷物をひいて家族で写ってる写真。妹と写ってるのもあった……。
   ところが、問題の祖母の墓を撮った写真がないのです。



      
ネガを見ると、そこの一枚分だけが真っ黒になってました。



   なぜかはわかりませんが、当時のわたしは祖母がわたしのためにそうして
   くれたんだと思い、感謝したものです。          (ij311)






本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語