本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「異」の部屋です





−Y線の怪−


          ■■■ねこねこさん(女性)からの投稿■■■



   神奈川県東部のある踏切で私が体験した話です。

   7年くらい前でしょうか? バイト帰りにY線に乗っていました。
   電車がちょうどK駅からZ駅に向かっている時のことです。
   ある踏切を越えたあたりで、ガクンという妙な衝撃を受けたかと思うと、
   電車は停車しました。

   線路に石でも置いてあったのかな? と思っていると、車内アナウンスで
   「安全確認のためしばらく停車します」とのこと。
   5分ほど経ち「異常はありませんでした。発車します」といったアナウンス
   と共に、電車は再び動き始めました。

   数ヶ月が経ち、もうそんなことを忘れかけていた頃、古い雑誌を整理する
   つもりでぱらぱらとめくっていると「Y線の怪」というような見出しが目に
   付きました。

   よくよく読んでみると、電車に衝撃があった辺りの踏切について書いてあり、
   飛び込み自殺が多いとありました。
   それだけならいいのですが、なんとかなり多くの



      
Y線の運転手が、その周辺で白い影を見ているそうなのです。



   そして、その白い影を轢いてしまい「しまった!」と思って電車を停め、
   確認しても、何も(動物の死体さえも)なかったということがよくある、と
   書いてありました。

   ということは、私が体験したあの「ガクン」という衝撃は……?

   しかも、この踏切の近くに、心霊スポットで有名なKトンネルがあるんです
   けど、そのトンネルの怪談とも関係があるそうです。
                                 (ij458)






本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語