本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「異」の部屋です





−磯釣り−



■■■miyu pさん(女性)からの投稿■■■



   うちの彼氏はとても霊感強いんですが、一緒にいるときよく私も不思議な
   体験をしたことが多々あります。
   その中のひとつですが……。

   私らはよく磯釣りに行くのですが、エサ代を浮かすために海にエサを取りに
   いくのですが、いつも行くのがお墓の横を通って海に出る道なのですが、
   そこを通ってたときのこと(もちろん夜)。



         
お墓の一箇所がスゴク明るくなったので、



   「へ〜、こんな時間にお墓参りなんや!!」って(懐中電灯を点けたと、
   思ったもんだから)軽い気持ちで横を通り過ぎようと思って、またチラッと
   見たら真っ暗で誰もいないんよ。

   彼氏に「今、お墓光ったやろ?」って言ったら「あそこの灯台の光が墓に
   反射したんやろ」って……。

   「えー。あんな遠いところの灯台がここまで届くかなぁ?」って、
   反論したけど、それには答えず「おら〜。よっしゃ〜」って、
   ガッツポーズを……。

   「なにエサ取るんに、気合入れよるん」って、冷やかしたんやけど……。
   結局、エサを取って車に戻ったら、彼氏が「さっき怖かったのぉ〜。
   墓光ったやん」って。

   「光ってないって言ったヤン」
   「そりゃそう言わんと、お前騒いでエサ取るどころやなかったやろ」

   それで彼氏の肩が急にズシッって重くなって、鳥肌(彼氏は霊を感じるとき
   鳥肌になる)が立ったから、イカン霊が乗ってきたと気合で払っとったって
   言うんです。

   「怖わ〜ぃ」と思って、なにげにバックミラーで後ろを見たら、
   リヤーウインドーに5本の手形で待ってくれ〜〜〜っと、言わんばかりに
   なぞった跡がくっきりと……。
                                (ij493)






本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語