本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「異」の部屋です





−血染めのキーボード−


■■■れむさん(男性)からの投稿■■■



   僕は15歳の中学3年生で、これは去年に体験した話です。
   僕にはMという友達がいました。
   いつも遊んでいて、2人でチャットなどもよくしました。

   あの日も「さぁ、チャットしようか」と、PCを立ち上げようとしたとき、
   プルルル、プルルルと電話がかかってきました。

   「誰だろう?」と思い電話に出ると、Mが交通事故で死んだという知らせ
   だった。即死だったそうだ。

   その後、何日も塞ぎ込んでいたら、ある日Mの親から電話がかかってきた。
   ちょっと気になることがあって、そう言われて話を聞いてみると、
   遺品の整理をしていてノートパソコンを開いてみたところ、キーボードの



        
あるキーだけに血でついた指紋があるといわれた。



   そのキーは何かと聞くと、A、S,R,N,Y,OでAが特に赤く染まって
   いたと教えてくれた。

   なんでそのキーだけなのかと意味がわからず、僕はそれがとても気になって、
   事故の後からは一回も動かしてなかったPCを立ち上げ、チャットを開いて
   みるとMが最後に僕に残してくれたメッセージがあった。

   そこには「さよなら」とだけ残されていたのでした。
                               (ij520)






本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語