本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「聴」の部屋です





体育館


           ■■■皇さん(女性)からの投稿■■■



   それは私が小学生の頃でした。
   私の通っていた学校はだいぶ古くて、かなり歴史のある建物だと思います。

   その日、私は友達3人と放課後に体育館で遊ぼうということになりました。
   でも、下校時間が過ぎていたので、体育館にいてはいけない時間でした。

   友達としばらくおしゃべりしていたら、体育館のドアが開く音がして、
   私たちは「見回りの先生かもしれない、隠れよう」と言って、
   ステージの階段の上の通路に隠れました。
   (そこからは体育館の様子は見れない形になっています)

   そして、先生らしき人が出て行くのを待っていたのですが、なかなか
   出て行きません。
   ただの見回りなら1分もかからないと思うのですが、そこにいる人は
   1分どころか全然出て行く気配がないのです。

   それどころか『ひた、ひた、ひた』と気味の悪い足音を立てて体育館の
   中をぐるぐる歩き回ったり、突然走り出したりと、そんな感じでした。

   私たちはそこに人間ではない雰囲気を感じて怯えているばかりでした。
   友達のひとりが勇気を出して「誰かいますか? 先生ですか?」と
   声をかけてみました。



      
その時、足音はものすごい音を立てて、
         
私たちのいる階段の方へ近づいてきました。



   「ドタドタドタッ」こっちに来る!!
   でも、その足音は階段の下で止まったらしく、もう聞こえてきません。

   しばらく私たちは恐くて動けないでいたのですが、そろそろ帰らなきゃ
   いけない時間だろうと思い階段を下りてみましたが、そこはいつもと何も
   変わらない体育館でした。

   後で聞いた話ですが、その日その時一人の男性が亡くなっていたそうです。
   ちょうど同じ時間だったらしいのです。
   その男性とは、生涯ずっと小学校の警備をしていてくれた老人だそうです。
   最後の見回りに来ていたのでしょうか……。         (kk328)





本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語