本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「聴」の部屋です





−自転車のベル−


■■■佳子さん(女性)からの投稿■■■



   これは私が中学2年生の時に体験した話です。
   その日、私は明日に控えた文化祭の準備のせいで、学校を出たのは7時を
   過ぎていました。

   10月といえば、もう7時には真っ暗になってしまいます。
   それでなくても怖がりの私は、国道沿いを急ぎ足で歩いていました。
   そのとき後ろから自転車の『チリン、チリン』という音が聞こえたんです。

   私は歩道の端の方に寄って、何気なく後ろを振り返りました。



       
その瞬間、すごい風が吹き、私は目を細めました。



   でも、後ろには誰もいなかったんです。
   不思議ですよね。でも私見たんですよ、歩道の横にある壁に写った自転車を
   こいでいる男の子の影を……。

   でも、そのときはまだ、「あれ、何だったんだろう?」ぐらいにしか思って
   なかったんですよ。

   次の瞬間、私はいやでも現実を理解することになるんですけどね。
   私の足元には、ビンに1輪だけ挿された彼岸花があったんです。
                                 (kk538)






本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語