本当にあった恐い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「獣」の部屋です




きつね



■■■あきさん(女性)からの投稿■■■



   私の祖父(もう亡くなりましたが。。。)は、早朝に散歩に出かける人
   でした。

   早朝も早朝、季節がいつであろうが朝の4時に家を出るのです。
   その日もいつもと同じように朝4時に散歩に出かけました。
   冬だったので、当然外は真っ暗です。

   それでも、いつも通り京都市伏見区にある稲荷神社まで行きました。
   伏見の稲荷神社は、上まで赤い鳥居が連なった階段を、かなり上がって
   いかなければなりません。

   普通ならば、赤い鳥居の階段を1人で上まで上がっていくだけで怖いと
   思いますが、うちの祖父はいつものことなので、なんとも思わずに歩いて
   いました。
   夜が明け始め、うっすらと明るくなってきた頃、



      
いつも人がいないのに白い洋服を着た女の人が
             
目の前に現れて手招きをしたそうです。



   「こんな時間に人がいるとは……なんだろう」と思い、祖父はついていった
   そうです。

   結構な距離を歩いてついていったら、途中で女の人はフッと消え、
   「ん?!」と思った祖父が、立ち止まって目の前を見たら、そこは崖っぷち
   だったそうです。

   そのまま「ん?!」と思わず歩いていたら、間違いなくそこに転落していた
   でしょう。
   後で家族みんなで、「稲荷神社だもん、きつねにだまされたんだよ」
   と話していました。
   そのことがあってから、祖父は夜が明ける前に散歩に出ることはなくなり
   ました。                          (km310)






本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語