本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「感」の部屋です





−読経−


■■■九紋竜史進さん(男性)からの投稿■■■




   私の家は祖父母が結構な土地持ちで、ま、資産家ってやつですか?
   豪邸に住んでた訳ではありませんが、生活に困窮したこともないです。

   言いたくないですが、相続争いは一般人には想像もつかないほどで、
   年始まわりではその息子、娘らが媚を売るさまは幼心に見て育った
   私には、「何てあさましい叔父、叔母だ」と半ば呆れていました。

   こんな状況ですから、祖母が亡くなった時はもう推して知るべし。
   (父の)兄弟は一瞬にして血で血を洗う関係になり、相続争いは修羅場
   でした(ある意味、こっちのほうが怖いかも知らんわ)。

   そしてそれが祖父の番になってしまった時、ご想像のとおりです。
   葬儀が終わるや別室に集まって、またおっぱじめているのです。
   「勝手にしてくれ」そう思った私は、一人先に葬儀場を後にしました。

   帰って、私は何の気なしに仏壇の前に座り、じっと見つめていました。
   「実の親が亡くなって、この有り様か……」
   祖父が可哀相になったので、線香をつけ読経をしてあげることにしました。

   唱え始めてすぐ蝋燭が消え、気味が悪かったのですが続けました。
   その直後、痛烈な吐き気と何とも言えぬ悪寒に襲われ、



          
「なにかいる」と、瞬時に察知できました。



   でも、ここまできて辞める訳にもいきません。
   「色即是空、空即是色……」もはや読経にならない読経でした。
   一通り唱え終えた私はすぐに仏壇を去り、言い知れぬ気持ちの悪さだけが
   残りました。

   あれは、祖父が何か言いたかったのでは……。
   そのうち父たちが帰ってきて、まだ相続の話をしています。
   人の気も知らずに、父さんは目出度い息子だよ…。     kn376







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語