本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「感」の部屋です





−コーヒーの香り−


■■■おおきさん(男性)からの投稿■■■




   ある町に、怪談で有名な「家」があります。
   でも、詳しくはわからないし、あくまでも噂なので真実がわからなかった
   のです。

   ある日、本当かどうか、会社の同僚3人とたまたま営業に出たついでに、
   近くだったものだから、「行ってみよう」ということになりました。

   そして、その誰も住んでいない「家」の近くの、道路のカ―ブにさし
   かかった時、その中の1人がコ―ヒ―を飲みはじめました。
   とてもコ―ヒ―の良い香りが立ち込めました。

   でも、その「家」は結局見つからず、怖いことも何も起こらず、ちょっと
   がっかりして会社に帰りました。
   そのまま、結局忘れてしまったある日の午後。

   そのときの3人が、たまたま社内に残っていました。
   「休憩でもしようよ。コ−ヒ―でも飲む?」と、その中の1人が言いました。

   その人が「そういえばさ、あのときのコ―ヒ―、いい香りだったよな。
   誰が飲んだの?」その問いかけに、誰も答えることは出来ませんでした。



         
だって、誰も飲んでいなかったのだから……



   あとで、詳しくわかる友人に聞いたところ、その「家」の住人は、
   とてもコ−ヒ―が好きな人で、いつものようにコ−ヒ―を家族で飲んで
   いたところ、強盗か何かによって一家皆殺しにあったそうです。

   そのあとは、誰も住んでおらず、近所にも民家は1軒もないそうです。
   あの、コ―ヒ―の香りは……?              kn414







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語