本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「視」の部屋です




−サラリーマン−


■■■Saraさん(女性)からの投稿■■■




   あれは、一年前の春先の事です。
   私と親しい職場の友人5、6人でカラオケ屋へ行った帰り、もう少し話が
   したい……と、近くのデニーズに寄りました。

   もう夜中の3時を回っていたと思います。
   酔い覚ましにコーヒーを飲みながら話にふけっておりました。
   ふと外を見ると、すでに白々と夜が明けはじめていました。

   「もう、新聞配達の人が来る時間だよ!」と誰かが言い出すと、そろそろ
   帰ろうか……ということになり、店を後にしてそれぞれ自転車で家路につく
   ことにしました。

   明け方4時半になっていました。
   私と2、3人の友人が同じ方向なので、ママチャリをこぎながら高架線沿い
   を走っていますと、私の右歩道に人の歩いている姿がちらっと映ったのです。

   あたりに、他に歩いている人はおりません。
   白い半袖のシャツに、グレーのズボンをはいたサラリーマン風の人でした。
   その高架線下は駐車場になっていました。

   私は、はっきりその男の人を見たのですが、



         
彼の体の向こうに、透けて車が見えるのです。



   その時、とっさに「あ! 見ちゃった!」と直感しました。
   彼はまっすぐ前を見て、ゆっくり歩いていました。
   「見てはいけない!」と感じ、私は前を向き自転車を必死にこぎました。

   でも、気になって後ろを向くと…もう、男の姿は消えていたのです。
   ただその時、不思議なことに恐い! という思いはありませんでした。
   いままでに色々体験して来たからかもしれません。
   でも、後にも先にも、ハッキリ見たのはこの時だけです。
                                (sh429)







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語