本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「視」の部屋です




−学校の内線電話−


■■■暁政さん(男性)からの投稿■■■




   この話はS中学校で十年ほど前にあった話です。
   新しく入った教師W先生の体験談です。
   先生はまだ入ったばかりの先生だから、色々やる事がいっぱいで、いつも
   帰るのは最後です。

   いつものように一番最後だった時、突然「ルルルルル」と非常用の
   学校内線の電話が鳴りました。
   先生は「何だ?」と思い、受話器を取りました。

   理科室のランプが点いています。
   まだ誰かが学校に残っているのかと思い「どうしましたか」と聞きました。
   しかし、何も聞こえてきません。

   おかしいなと思い、理科室に行ってみました。
   理科室には鍵がかかっていて、誰も入れるはずがありません。
   「ガラガラ」と戸を開けましたが、中には誰もいません。
   誰かがいた痕跡もなく「し〜ん」としています。

   つぎに体育館のランプが……今度は、電話に出ないで行ってみました。
   体育館は真っ暗でしたが、あるものが目にとまりました。
   女の子がボールを持って遊んでいたのです。

   ドアも閉まっている中で、一人で遊んでいます。
   よく見ると、その子はまだ五歳ぐらいで、バスケットボールを持って
   壁にぶつけて遊んでいます。

   後ろを向いていたため、顔がわかりません。
   暗闇の中で、その子だけ「ぼ〜」っと見えています。 
   とても不思議な眺めでしたが、その子は「くるっ」とこちらを向き
   ました。



        
すると、その顔はおばあさんの顔でした。



   背丈、服どれを見ても小さな女の子なのに……。
   すると「にやっ」と笑い、すうっと消えていきました。
   あわてて職員室に戻ると、すぐに帰る準備をしました。

   そして、帰ろうとすると、「ルルルルルルル…」また、電話が鳴り響いた
   そうです。
                                 (sh451)







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語