本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「視」の部屋です




−ファストフード店−


■■■E.Kさん(女性)からの投稿■■■




   東京のお盆は7月で、父の命日も重なり、この時期お墓参りは恒例でした。
   その年は姉と二人でお墓参りし、お寺の帰り道の門前仲町(地名)の
   ファストフード店に入ったんです。

   店内は混雑し、長い列ができていたので、姉に席をとらせ私はその列の
   後ろに並びました。
   姉は私の方に向かって座ったので、よく目で合図を送りあってました。

   そのうち、私の後ろにも数人の若者が並びましたが、子供が1人で店内に
   走って入ってきたのにふと気がつきました。
   ランドセルをしょった小学生の女の子です。

   もちろん初対面。
   しかし、特徴が人というより動物顔だったので、強烈なインパクトがあり
   ました。



        混雑してる中、その子は迷わず
        私の所に駆け寄ってきてニッコリし
たんです。



   すると次の瞬間、まるでペットがじゃれるように、嬉しそうに私の腕に
   頬ずりをして、その子はサッと店を出て行きました。

   「ひぇっ?!」と、突然の出来事に動揺して、思わず前後の人の反応を
   確かめました。
   が、不思議なことに周りの人は誰ひとり、まったく気づいてなかった様子。

   それも不気味で、こっちを見てた姉は当然一部始終を知ってるだろうと
   訊ねたら「何のこと?」と返事が……。
   まるで、ひとりで白昼夢を見てる気分でしたが、腕にはそのときの感触が
   しっかり残っていました。

   お墓参りの後というのも気になり、霊感らしきものがあった母に話したら
   「お盆だから、昔飼ってた犬か猫が会いにきたんでしょ」と、
   やけにあっさり。

   それなら、なぜわざわざ人間の格好してたの? と疑問は残りますが……。
   そのときはお盆ということで、何だか妙に納得してしまいました。
                                (sh474)







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語