本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「視」の部屋です





−首吊り部屋−


■■■松平蓮華さん(女性)からの投稿■■■



   うちの祖父母は九州、四国の出身なんですが、祖父の仕事の関係で名古屋の
   方に出てきていました。

   何度も引っ越しなどを繰り返していたそうなんですが、ある借り家に移った
   ときの話。

   祖母は何の気なしに昼寝をしていたそうです。
   夢の中に、自分が今現在住んでいる部屋が映し出されました。
   その中心にぶら下がっているものがある……。



          
なんと、女の人が首を吊っていたのです。



   その女の人は、何かを訴えかけるような悲しげな表情だったといいます。

   起きてから、なにか気になったので大家さんに問い合わせたところ、
   確かに首を吊った女性がいるとのこと。
   しかも、自分が寝泊まりしているその部屋で!

   大家さん曰く、なぜわかったのかとっても不思議だったそうです。
   幸いにも、その後すぐに引っ越すことになったそうですが、値段も何も
   普通で、夢を見なかったらずっと知らずに過ごしていただろうと祖母は
   言っていました。

   確かにそうだなと思いますね。知らない方がよかったような気もしますが。
   祖母はけっこう予知夢とか見るたちの人なんですよ。
   今思えば、この苦しみから救ってほしいと夢に出てきたのかもしれませんね。
 
                                (sh530)







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語