本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「染」の部屋です





−後ろからの声−


■■■暁政さん(男性)からの投稿■■■



   T君が新しい車を買ったというので、彼女のRさんとドライブしようという
   ことになりました。
   T君たちがしばらく走っていると、話もはずみました。

   そのうち心霊スポットを巡ろうということになりました。
   いろいろな場所を巡っていると、もう真っ暗になっていました。
   最後に自殺者の多い海にある崖に行きました。

   Rさんが「もう帰ろう」と言ってたけど、これで最後にしようということで
   来ました。
   あと少しで着くというところで、いきなりバッと白い着物を着た人が飛び
   出してきました。

   キーーーーーーー……! 慌ててブレーキをかけました。」
   T君が「やっちゃったか……」と慌てて外に出ました。
   しかし、何も轢いていません。

   そして、前を見てびっくりしました。前には崖があったのです。
   「T君、きっと私たちあのまま行ってたら、今ごろ……」
   「多分、あの人は幽霊でオレたちを助けてくれたんだ」
   二人はおがんで帰ろうとしました。



   
そしたら、後ろで「死ねばよかったのに」と聞こえたそうです。
                                (td358)








本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語