本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「染」の部屋です





−トイレの紫ばばあ−


■■■暁政さん(男性)からの投稿■■■



   これはS小学校の話です。
   Jさんはもうすぐ授業が始まるので、急いでトイレへ行こうとしました。

   時計を見ると、今からトイレに入ると間に合いそうにありません。
   そこで目に入ったトイレは旧校舎のトイレです。
   急いで駆け込みました。

   トイレはいちばん廊下側に入りました。
   手早く済ませて行こうとすると、一枚の紙が目に入りました。
   「なんだろう?」と思い、その紙を指で触りました。

   ベリッと紙が破けてしまったのです。
   紙の後ろには、何か紫色のものがもぞもぞしていました。
   それをよく見ると「手」だったんです。

   手はニョキッと伸び、Jさんの手首をつかむと引っ張ろうとしたのです。
   手を振り払いトイレから出ました。
   しかしなんと、出たところはいちばん廊下側に入ったのに、出たのは
   いちばん奥でした。

   そんなことはおかまいなしに、Jさんは出口に向かいました。
   しかし、出口はいっこうに近づきません。
   急いで走っていると、ガシッと何かが足をつかみました。
   Jさんはそのはずみで転びました。



    
見ると紫色の手がトイレから伸びて、つかんでいたのです。



   必死にもがきました。
   さっき転んだ衝撃で捻挫していました。

   しかし、Jさんはそんなことを忘れて、必死に片方の足で紫色の手を
   蹴りました。
   無我夢中で蹴っていると、紫色の手は痛そうに足を離しました。

   Jさんは再び走りました。
   足の痛みをがまんして走りました。
   今度はだんだん出口に近づき、遂にトイレを脱出しました。

   出たとたん、ドンと何かに当たりました。
   見ると、それは紫色の着物、紫色の手足、上を見上げると顔、髪も紫色の
   おばあさんが立っていました。

   「よくもやってくれたね。今度はあたしの番だよ」
   と言い目をつり上げました。
   あまりの恐ろしさに気絶してしまいました。

   目が覚めると保健室のベッドに寝ていました。
   先生に聞くと、トイレで倒れていて運ばれたというのです。
   ポケットに手を入れると紫色のハンカチがあったのです。

   あの妖怪は「ムラサキババア」。
   もしあの時、紫色のハンカチを持っていなかったら、ムラサキババアに
   とり殺されていたでしょう。                 (td364)







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語