本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「染」の部屋です





−深夜の卓球−


■■■暁政さん(男性)からの投稿■■■



   これは僕の母の体験した話です。
   母は高校のバレーボール部に入っていました。
   八月三日、母は合宿の最後の夜でした。

   みんなは今日で終わるのが惜しいのか、夜遅くまで合同で寝る広い部屋で
   おしゃべりをしていました。
   そして、とうとう先生が来て「もう寝ろ」と言いました。

   みんなしぶしぶ布団に入りました。
   それでも布団に入ってもヒソヒソ話がつづいていました。
   一人が怖い話を始めました。

   その話とは、好きだった先生が結婚することになって、そのショックで
   自殺した先生がいて、その先生は卓球部でとても熱心な先生でした。
   その先生が死んでから、体育館で夜中、手首だけが卓球をやっている
   という話です。

   普通の話ですが、みんなの背筋をひんやりさせたでしょう。
   そうこうしている内に、一人二人と寝ました。
   そして、ついにみんな寝てしまいました。

   母は突然、夜中の二時頃に起こされました。
   起きて数秒で、異変に気づきました。
   



    
カツーン、コツーン……誰かが体育館で卓球をしているのです。



   休まずにリズムを変えず、カツーン、コツーン……。
   みんな硬直していました。
   キャプテンが、虫が体育館の電灯にあ当たる音だろうと言いました。

   しかし、誰かが「虫がたかるのは、電灯が点いてる時だけやん」と言い
   ました。
   窓から見ると、電灯は点いていません。

   カツーン、コツーン……という音だけが響きます。
   いちばんの解決方法は体育館を見に行くことですが、誰もそんな勇気のある
   人はいません。
   結局、朝までその音はやみませんでした。

   母は今でもこう言います。
   「あの時見に行ったら、私たちは何を見ていたんだろう」    (td370)







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語