本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「染」の部屋です





−赤い半纏−


■■■暁政さん(男性)からの投稿■■■



   ある女子寮のトイレに入っていると、男の人が通るそうです。
   顔は見えないのですが、下から足が見えてボソボソ何か言っているそうです。
   男の人だというのは分かるのですが、顔を見た人がいないそうです。

   最初は二、三人だったのがどんどん増えていき、結局は寮の全員が目撃した
   ということになりました。
   そして、遂に警察が来ました。

   婦人警官一人と男性警官一人です。
   寮の人に協力してもらいました。
   まず、寮の人がトイレに入り、婦人警官が窓の方に立ち、男性警官が入り口
   の近くに待機していました。

   しばらくして寮の人が出てきました
   寮で人が通ったというのですが、男性警官と婦人警官は見ていないと言う
   のです。

   次の日、今度は寮の人が中に入り、婦人警官も隣のトイレに入りました。
   男性警官は昨日と同じ所に待機してもらいました。
   入っていると、だんだん気配が近づいてきました。

   しかも、ボソボソしか聞こえなかった声も聞こえてきました。
  「赤ーい、はんてん着せまっしょかー、赤ーい、はんてん着せまっしょかー」
   あまりの不気味さに、二人とも通り過ぎるのをずっと待っていました。

   これはもうやめようと男性警官が言いました。
   寮の人も賛成したけど、婦人警官だけもう一日やってみるということに
   なったのです。

   一人でトイレにいると、昨日と同じ声が聞こえてきたのです。
   「赤ーい、はんてん、着せまっしょかー」
   婦人警官はムカッとして「着せられるもんなら着せてみなさいよ!!」と
   言いました。

   「バーン」という音がしたので寮の人が行ってみると、あまりのことに
   腰を抜かしました。
   婦人警官は首の動脈を切られて死んでいました。

   その姿はまるで、赤いはんてんを着ているように、



         
婦人警官の服は血で真っ赤になっていました。
                                 (td394)








本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語