本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「染」の部屋です





−逆探知−


■■■暁政(男性)からの投稿■■■



   いとこが五歳の頃、父が別荘を借りて旅行に行ったそうです。
   夕方、家族四人でゲームをして遊んでいました。
   そこに「ルルルルルル」電話がかっかてきました。

   父が電話に出て、その電話の内容を聞くなりぎょっとした顔つきで、
   「ふざけるな!」と言って切りました。

   話を聞くとその電話から「殺してやる、殺してやる」と、男なのか女なのか
   老人なのか若いのか、わからない声が聞こえてきたというのです。
   その電話は二、三度かかってきて、次にかかってきたら警察を呼ぼうという
   ことになりました。

   八時頃、「ルルルルル」また電話がかかってきました。
   受話器を取ると「殺してやる、殺してやる」と聞こえてきます。
   とうとう堪忍袋の緒が切れて父は警察に連絡しました。

   しばらくして、警察官が逆探知機など色々な物を持ってきました。
   九時になり「ルルルルルル」と電話が鳴りました。
   受話器を取って耳に当てると、「殺してやる、殺してやる」。
   例の電話です。

   すぐさま逆探知を始めました。
   なにしろ、切らずに何度も何度も言っているから逆探知も簡単でした。
   成功の合図が出ると電話を切り、分析を待ってどこなのか聞きました

   すると、警察官はこう言いました。



     「逆探知は成功しました。しかし犯人はつかまらないでしょう、
      逆探知が指した場所はこの家の二階でした」




   一同は途方に暮れて、上を見上げました。
                                  (td512)







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語