本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「染」の部屋です





−笛吹き峠−


■■■暁政(男性)からの投稿■■■



   埼玉県嵐山町には笛吹き峠という小さな峠があります。
   そこで友達と先生が体験した話です。

   小学校六年のときのA先生が、鶴ヶ島の方の学校に行くというので、
   元六年三組の生徒と送別会をしていました
   集まったのは自分を合わせて二十人、他の子は用事があり来ていません。

   色々なゲームをやったりと盛り上がっていました。
   すると、一人の友達が「そうだ、笛吹き峠の方に肝試しに行こう」と言い
   だしました。

   そこで僕とA先生と友達二人で行くことになりました。
   他の人は、もう遅い時刻なので帰ってしまいました。
   A先生の車で笛吹き峠を目指します。

   先生の車は大勢で乗れるけど、とても古い車です。
   時刻は六時、辺りは冬なのでもう真っ暗。
   笛吹き峠の入り口が見えてきました。

   と、その時。バチッ! と車のライトが消えて、前が見えなくなりました。
   A先生は古い車なので仕方ないと思い、危ないけど生徒三人を乗せている
   ので、スピードを落として走らせました。

   ただでさえ辺りは暗くなり、笛吹き峠に入るともっと暗くなりました。
   しばらく車を走らせると突然、白い着物を着た女の人が飛び出してきました。

   A先生は慌ててブレーキを踏みました。
   みんなは「やったのか?!」と思い、車から出ました。
   しかし、出てびっくりしました。
   女性の死体ではなく、目の前に大きな大木があったのです。

   「そうか、あの人は危ないと思って、霊になって出てきてくれたんだ」
   と友達が言いました。
   みんな手を合わせて車に乗り、さあ帰ろうと思いました。



       そのとき、後ろから
      「死ねばよかったのに……」という声が聴こえてきました。




   もう、後は必死で帰りました。
   あの人は、あそこで死んだ人なのでしょうか……。
                                  (td518)







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語