本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「染」の部屋です





紅いマント


■■■MGHさん(男性)からの投稿■■■



これは、その人が信じるかどうかによって結果が変わるものです。
この話は1904年2月9日、日露戦争のときに起こった事件です。

この時代の子供たちは、日本軍の着ていた紅いマントがとても気に
いっていました。

要するに、すべての子供たちがこの紅いマントを持っていたという
ことです。

しかし、福岡県筑紫野市に住んでいた矢島剛は、このマントを持って
いませんでした。
彼の家は貧しく、マントを作って貰えませんでした。

そんなある日のこと、彼が学校の近くにあるトイレに入ったとき、
彼はいつも彼をイジメている子供たちにそのトイレに閉じ込められ
ました。

そして、周りにいたイジメっ子たちがこうはやし立てました。
「あーかいマントはいーらんか? 紅いマントはいーらんか?」と。

これに剛君は耐えかねて、自分の背中を持っていたナイフで刺し
ました。

1時間ぐらいしてドアを開けると、そこには血で染まった紅いマント
を着た剛君が死んでいたそうです。

時は流れ、あれから95年経った今、こっちの世界に剛君が来ています。
もし貴方がトイレに入ったとき、
「紅いマントはいらんか?」と聞こえたなら、貴方がこの話を信じて
いるのなら助かるでしょう。

しかし、信じてないなら貴方は剛君とお揃いのマントを着ることに
なるでしょう。

……そう、血に染まった紅い紅いマントを。

もし、信じているのならそれを証明して下さい。
でも、きっと貴方は証明できないでしょう。

しかし、それはそれでいいでしょう、だってそうしたら僕と会えるん
だもん。

でも、ひとつ悲しいことがあるんだ。
それはね、それはね、貴方を殺さなくちゃいけないこと。
「フフフフフフフフフ」

ねぇ、聞こえるでしょ? 僕の悲しみの声が。
「紅いマントはいーらんか?」

ほらほら聞こえてくるでしょ? ドンドン大きくなってくるよ。



「ア カ イ マ ン ト ハ イ ラ ン カ ?」



聞こえた? 聞こえなかったのぉ。まぁいいや。
聞こえなかったのなら、今度トイレで会ったときにキカセテアゲル。
楽しみに待っててね。

そして、お揃いのマント着ようね。
どんなマントがいい? 紅いのがいいよね。ア カ イ ノ ガ。

しかも、紅いあかーい血のついたやつ 要するに貴方の血。
心配しなくても大丈夫だよ、痛くないように殺してあげる。

                            (td729)








本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語