本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「染」の部屋です





船旅


■■■H・Iさん(男性)からの投稿■■■



ある夫婦が3歳の子供を連れて旅行に行きました。
夜、気分転換に夜風に吹かれようと、3人で甲板に出ました。
子供が急におしっこがしたいと言いました。

慌てて客室の方へ連れて行こうとしたのですが、漏れそうだと
しゃがみ込んでしまいました。

仕方がないので、お父さんは子供を船の外にせり出すように抱えて、
おしっこをさせようとしました。

と、そのとき。
とてつもない強風が吹いて、おとうさんはこけてしまいました。
気がつくと抱えていた子供がいません。

なんということでしょう。
どうやら子供を海に落としてしまったようです。

それからは一転旅行は中止になり、警察や船の乗務員総出で
大捜索を続けたものの亡骸は見つかりませんでした。

夫婦は何年もふさぎ込んだ状態でした。
そんな夫婦にも、また子供が生まれました。

その子はすくすく元気に育ち、亡くなった兄と同じ年頃になり
ました。

そんなある日、夫婦は亡くなった子のために、3人で鎮魂の旅に
出ました。
ちょうど数年前の悲劇の現場で、3人で花束を海に投げ入れました。

直後、子供が急におしっこがしたいと言い出しました。
数年前と同じ状況にドキッとしました。

こんどは絶対客室に引き返してからさせようとしたのですが、
もうだめだめと苦しそうな表情で訴えました。

以前とは違い穏やかな海でした。
子供を柵の縁にしっかり乗せ、しっかり体で支えておしっこを
させるとき、片言しか話せなかった子供が



「今度は殺さないでね」



暗い海に向かって、そう言い放ったそうです。

                            (td736)








本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語