本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「笑」の部屋です





鬼火


■■■Y.Sさん(男性)からの投稿■■■




   私の父親が子供の時(戦時中)に、今はもうなくなっていますが当時はまだ
   在った蜜柑の木がある屋敷の庭に、蜜柑泥棒に入った時のお話です。

   そこのお爺さんが蜜柑の木をとても大切にしていたため、普段はそのお爺さ
   んが見張っていて、蜜柑を誰も盗むことが出来ませんでした。
   そこで、そのお爺さんが亡くなった葬儀の日の夜に、見張りがいなくなった
   ので、チャンス到来とばかりに近所の悪童たちと一緒に、父親も蜜柑を失敬
   しに行きました。

   懐中電灯の灯りを頼りに、皆でその庭に忍び込んで蜜柑の木を懐中電灯で照
   らすと、美味しそうな蜜柑がたわわに実っていました。
   オオーッと喚声を上げたかどうかは知りませんが、ともかくもお目当ての蜜
   柑が成っていたので一安心し、おもむろに仕事に取りかかりました。

   しばらく蜜柑を夢中で収穫して、周囲を見回す余裕が出来た頃でしょうか。
   誰かが「あれは何だ?」と、不思議な光る物体のある方を指差しました。
   皆がそちらの方に目を向けると、亡くなったお爺さんが住んでいた屋敷の屋
   根の上の方から「人魂」らしきものがユラユラと飛んで来て、



      
蜜柑の木の周りをユラユラ揺れながら、
              
ゆっくりグルグルと飛び回り始めました。



   これにはさすがの悪童達も度肝を抜かれたのか、皆が皆ウワーとかヒエーと
   か驚いた時に発する声を出し、腰を抜かしたのか尻餅をついてしまう者、木
   から落ちそうになる者などがいましたが、次の瞬間にはせっかく採ったばか
   りの蜜柑を放り出して、一目散に自分の家に向かって転がる様に逃げ帰った
   そうです。

   家に辿り着いても、とても怖かったので全員が布団を被って朝が来るまで、
   ガタガタと震えていたそうです。
   私の父親が「人魂」を見たのは、後にも先にもこの時だけだと、今でも話し
   ております。
   (
wa189)







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語