本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「笑」の部屋です





臨死体験


■■■E.Yさん(女性)からの投稿■■■




   じつは私は、昨年の夏に大きな病気をしまして、2ヶ月少し大学病院に
   入院していました。
   脳髄膜炎といって、ウィルスか細菌か何かが脊髄や脳に入って炎症を
   起こす病気ですが、昨冬も老人や乳幼児がずいぶん亡くなったようです。

   私が病院に運び込まれた時も、かなり状態が悪くなっていたらしく、
   自分では記憶があまりありません。

   で、10日くらいあの世とこの世の間を、うろうろしていたのですが、
   その時見ていた光景というか、いわゆる「臨死体験」らしきものに
   ついてです。

   そこは、ある時は白くて明るい何も無い空間で、よく言われるように
   花がたくさん咲いていたんです。
   その中に私のベッドがあり、暖かく心地よい感覚で満たされていました。

   また、ある時は暗い庭で寂しそうなおじいさんが、植え込みに水を
   撒いていて、庭の奥には暗く深い森が続いていて、寂しく心細い感じが
   していました。

   なぜ、このような感覚を感じたのか分かりませんが、体が極限状態に
   置かれている時に、脳が見せた幻影なのではないかと私は考えています。
   今でもその光景ははっきりと覚えています。

   ちなみに、意識混濁状態の私が口をもごもごと動かしたので、付き添って
   いた母が「どうしたの、何か言いたいの!? 目を覚まして〜!!」
   と、私の手を握って話しかけた時、


      
私はうれしそうに、満面の笑みを浮かべて
               
「ネギトロ」と答えたそうです。
                                (wa287)







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語