本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「笑」の部屋です





丑三つの人影


■■■もんけんさん(男性)からの投稿■■■

        


   時間にして午前2時、いわゆる丑三つ時という時間帯ですね。
   私は一度眠りにつくと、滅多に途中で起きたりしません。
   ところがその日に限って、なぜかそんな時間に目が覚めてしまいました。
   そんな私の目に、最初に飛び込んできたものは……!
   真っ暗な部屋で、何も映っていないテレビを肘をつきながら寝そべり、



          
じっと見入っている人影、でした。



   目を凝らして見ると、人影は義兄のシルエットに似ていることに気づきま
   した。
   しかし、義兄は私の家から100km離れたところに住んでおり、しかも平日
   の夜だったので、ここにいる訳はありません。
   まさか義兄の身に何か……私は少し嫌な想像をしてしまいました。

   非常に怖かったのですが、私は普段使ったことのないような勇気をふりし
   ぼり、思い切って電気を点けてみることにしました。
   その人影の正体は、なんと……。


           ……座椅子だったのです。(笑)
                               (wa97-2)







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語