本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「妖」の部屋です





−ベトベトさん−


■■■MIYUさん(女性)からの投稿■■■



私が高校生の時体験したことなんですが……。
夜中一時過ぎ、もうバスがなかったので、友達と私の家まで
歩いて帰ることにしました。

誰も歩いていない道路を二人で話しながら歩いていると、
後ろから誰かが私達の後をついて来てる音がしたんです。

歩道の横にはドブがあり、蓋がしてありました。 
蓋の上を歩くと、ガタッて音がしたりしますよね。
その音がしたんです。

しかも歩く速度、つまり蓋の音が私達と一緒なんです。
私達が止って振り向くと、音はしないんです。
でも、また私達が歩くと音がするんです。

私達は蓋の上なんて歩いてないし、後ろを見ても誰もいません。
私はその時、あることを思い出しました。

小学校の修学旅行の時、バスガイドさんが話してくれたこと。
世の中にはベトベトさんがいるんだよ!



ベトベトさんは、人の後ろをついて来るお化けなんだよ。



もしこのお化けに会ったら、
「ベトベトさん、先におーこし」
って言えば自分を追い越していってくれるからね……。

その言葉を思い出し、私は友達と
「ベトベトさん、先におーこし」
って言ったら、後ろから音がしなくなったんです。

                          
yo1919







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語