本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「妖」の部屋です





−あっくん−


■■■おやじいさん(男性)からの投稿■■■



我が家は、築一年半のまだ新しい家。
でも、建築前の土地だけの時から、家が出来上がるまでの
写真のほとんどに白くて丸い物体が映っています。

何か起こるかも……とは予想はしていました。

住んでからは、家族みんなが一階で団欒していても、
二階で子供が走る音が聞こえたり、戸が勝手にちょっと開いたり、
などということがありました。

でも、迷惑がかかるわけでもないし、
「座敷童がいるんだろうなぁ……」
くらいにしか思っておらず、何か良いことが起こらないものか
と期待もしています。

しころで、昨日のことです。
我が家の二歳の娘が、普段はあまり遊ばないオモチャを手にして



  
「これは、あっくんの」と、しきりに言うのです。



家族はもちろん、親戚にも「あっくん」という人物はいないので、
保育園のお友達かな? と思ったのですが、試しに娘に、

「じゃぁ、あっくんに『どうぞ』してあげて」

と言うと、娘はたったかたーと走って、誰もいない洗面所に行き
「どうぞー」とオモチャを誰かに渡している声が……。

ゾワッと寒気がしました。
我が家の座敷童は、「あっくん」という名前だということが
わかりました。

                          
yo1963







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語