本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


ここは「妖」の部屋です





−オオサキ−


■■■きゅうさん(女性)からの投稿■■■



「それ」を見たのは、長野県白馬村にある白馬中学校です。
古い木造校舎の廊下を友達数人で歩いていた時のこと。

歩きながら廊下の突き当たりの窓をふと見ると、
ほんの一瞬、窓の外をイタチのような生き物が群れで
走っている姿を見かけました。

田舎でしたし、それだけならば、
「イタチの群れなんて、珍しいものを見た」
ぐらいだったのでしょう。



   
でも、その生き物達は
   
口にヤカンやら布のようなものを……。



一瞬のことだったので、はっきり見えたわけではないの
ですが。
あれは何と言ったらいいか、家財道具のようなものを
咥えていたのです。

後で調べてみると、オオサキという妖怪のようでした。
座敷童子のように、オオサキがいなくなった家は没落して
いくそうです……。

                        
yo2584







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語